債務整理はもうこりごり

ユッキーと愉快な動物園 > 生活 > 債務整理はもうこりごり

債務整理はもうこりごり


書籍の折込広告、スポーツ新聞、街角に貼られた広告やDMで、「負債の合理化します」「債務を統合しませんか」と書かれた宣伝を目に入れることがありませんか。

「片付け屋」「買取人」「紹介業者」という通称の悪徳業者のだまし広告の場合があります。

使ったケースでは自己破産申請プロセスの中で最重要な免責認定を手に入れられなくなる危険性もあります。

「整頓人」はビラなどで多重負債者を呼び出し法外な代金を受けて負債整頓をしますが結局は整理はされず、当人はもっと債務スパイラルにはまる失敗がすべてと予想されます。

「買取専門屋」というのは、負債人の借金で、電化用品、旅行の利用チケットを多量に注文させて、負債者からこれらの品を買った値段の10%もしくは額面半額で買い上げるというやり口を使っています。

一時的には小金が手に入れられますが、いつかクレジット企業によって品物の定価の支払い要求が送られてきて、実際のところ借金額を上乗せする結末になります。

この場合はクレジットカード会社に対しての犯罪とされて免責判定をもらえません。

「紹介人」というのは著名な消費者金融から借りられなくなった債務人に関して、直接的な融通はしないで、融通をしてくれる他の企業を教えて、すさまじい手数料を出させる会社です。

つなぎ業者は直接の紹介で資金提供してもらえたかのように話しますが、実際には特に何もせずただ審査の甘いサービスを伝えているということなのです。

このケースだと本当は債務額を増大させる結末となります。


関連記事

  1. 引越しのお手伝い
  2. 季節の変わり目に活用するエアコンクリーニング
  3. 債務整理はもうこりごり