不要品の現金化をするには

ユッキーと愉快な動物園 > 経済 > 不要品の現金化をするには

不要品の現金化をするには

日刊紙の折込広告、スポーツ新聞紙、街角に貼られた宣伝や郵便広告などで、「負債の整理します」「多重借金をまとめたくないですか」などの宣伝を目にすることがしばしばです。

「整理人」「買取専門人」「紹介屋」と呼ばれている会社のおとり広告のときがあります。

これらを利用した場合は破産手順の中で一番大切な免責認定を得られない恐れも存在します。

「整頓人」の場合はDMなどで借金のある人を集め、すさまじいサービス料を請求して債務整頓を行いますが、結局のところ債務整理はされず、債務者はもっと債務地獄に陥ってしまうときがほぼすべてと予想されます。

「買取業者」というのは、負債人の分割払いで、電化用品、コンサートの券などを山ほど購入させて、借金者からこれらの品を買った値段の30%~半値で買い上げるという方法です。

そのときはお金が懐に入りますが、いずれクレジット企業からの購入品の売値の返済請求が届き、実際は借金額を増やす結果となります。

この場合だとクレジット会社相手の詐欺行為とされて免責許諾を受けられません。

「紹介者」とは、大手貸金から貸してもらえなくなった債務者へ、業者としては融資は全然せずに、資金提供を受けられる関係無い業者を呼び出し、すさまじい料金を受け取る悪徳業者です。

つなぎ屋は高度な経由で融通可能となったという口調で報告しますが、本当のところは何もしないでただ単に審議のゆるい会社を把握しているということなのです。

このときも現実には債務を悪化させることとなります。


関連記事

  1. 債務整理をしても財産を守る方法は?
  2. 不要品の現金化をするには