債務整理をしても財産を守る方法は?

ユッキーと愉快な動物園 > 経済 > 債務整理をしても財産を守る方法は?

債務整理をしても財産を守る方法は?

破産承認が済んだときどういう類の不利益、デメリットがありうるのかは自己破産申請を考えてみた人達にとって100%初めに知っておきたい情報だと考えます。

これから自己破産者が被る損失に関連した事柄を箇条形式にしたいと思います。

・公的機関の破産者名簿に書かれます。

※公的な身分証明を給付するためのデータであるので一般の人は閲覧することができないはずですし免責の許可がもらえれば取り消されます。

・官報に記載される。

※市販されている新聞とは違って普通の書店には置かれていないですし大抵の人には関係性のないことだと言えます。

・公法におけるライセンスの制限。

※破産宣告者になったなら弁護人、公認会計士、司法書士、税理士などといったような資格者は資格剥奪になるので仕事が許されなくなります。

・私法における資格限定。

※成年後見役、連帯保証者、遺言実行者になることができません。

それだけでなく合名企業、合資の企業のワーカーそれと有限企業の取締役の人、監査役については退任事由とされます。

・ローンやクレジット用カードを用いることができなくなります。

破産管財人事件の際は下に記載する限定も追加されます。

・自分の持ち物を好きに管理、廃棄することが許可されません。

・債権保持者団体の要請により必要な弁明をしなければなりません。

・裁判所の許しなしで住所の変転や長期の旅行をすることができません。

・地方裁判所が緊急だと許したときには破産者は捕縛されるケースが考えられます。

・配達物は破産管財者に届けられることになり、破産管財担当者は届いた配達物を開けてもよいことになっています。

他にも、破産した人の損失で、大抵間違われている項目をまとめにしておきます。

1戸籍情報・住民票においては記載されません。

2会社は破産を理由にクビにすることは許されません。

※通常、本人が伝えないかぎり企業に伝わることはないです。

3選挙の権利や選挙資格などの人権はそのままです。

4保証役でなければ、近親者には肩代わりする義務などは存在しないです。

5最低限度の毎日の生活に必須な家財(コンピューター、テレビをカウント)服などは差し押さえされません。

破産者のデメリットに関してあげてみました。

破産申請をすることにより債務は帳消しになるといっても今まで挙げたデメリットもあります。

自己破産を考慮する上で、有効性も不利益研究した方がよいといえます。


関連記事

  1. 債務整理をしても財産を守る方法は?
  2. 不要品の現金化をするには